Google Analytics 目標タイプをイベントで設定する方法

まずはイベントを取りたい要素にトラッキングコードを設置します。

<a href=https://www.hoge.com/shiryou.pdf” onClick=”ga(`send’, ‘event’,‘download’, ‘click’ ,’shiryou’,‘shiryou’, 1);”>資料ダウンロード</a>

ここでは仮にPDFの資料ダウンロードへのリンクにコードを設置。これでグーグルアナリティクス上からPDF資料のダウンロード回数が計測できるようになりました。

各パラメータ解説

  1. onClickこれはJavascriptのイベントハンドラです。
    今回はユーザーが「クリックした」というイベントを計測したいのでonClickというJavascriptのイベントハンドラを使用していますが、このイベントハンドラは色々用意されているので計測したい用途にあわせて設定してみてください。
  2. `send’, ’event’,グーグルアナリティクスで計測するための決まった要素なので変更はしないでください
  3. カテゴリ
    トラッキング対象をセグメントし、より計測しやすいようにグループ化するため名前(任意)をつけます。
    例えば資料のタイプ毎にダウンロードした回数を計測したい時などに便利です。
  4. アクション
    アクションに名前(任意)をつけます。
    イベントハンドラに対応した名前をつけておくとわかりやすいですね。
  5. ラベル
    こちらも任意で名前をつけることができます。
    ラベルは必須項目ではないので入れなくてもようのですが、たとえばユニーク情報をとりたいときなどにつけておくと便利です。

3から6は、イベントを判定し、集計する為の「任意の値」です。

グーグルアナリティクスの目標設定画面で、上記で設定した値をセットする事で、カウントできます。

トラッキングコード内に記述した、それぞれのパラメータ名をセットすれば、完了です。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + nine =