Captivate 手動 ソースカスタマイズ

capative800

Captivateで作成されたHTMLコンテンツを修正する場合、オリジナルソースである.cpファイルが必要です。しかし、cpファイルを何らかの理由で紛失した場合の対処方法として、ソースファイルを手作業で修正することである程度の修正を行うことができる。

各座標は、以下の通り
A(開始点Y座標),B(開始点X座標),C(終了点Y座標),D(終了点Y座標)
つまり、枠やボタンの「位置」や「幅」や「高さ」を変更するには、以下の変更を行う。
例)149px右に寄せ、10px幅を狭め、52px高くする。
615(width+149),569(height+52),764(width+139),621(height)
764,611,764,621
に変更する。

また、

Highlight_Box_xxxは、Highlight_Box_xxxcとセットであり、リンク(アクション)を指定してある場合は、Click_Box_xxxも修正する必要があるので注意。

 

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − eighteen =