管理サイトの検索順位が突然下がった理由。 外部リンクを使ったネガティブSEO被害実例と対策

google

グーグルガイドライン
品質に関するガイドライン 「リンク プログラム」|Google

被リンクの評価に関してざっくりとまとめると以下のようなものです。

  1. 良質なコンテンツを持つサイトからの自然な被リンクを沢山持っている ⇒ 良いサイト
  2. 悪質なコンテンツのサイトから不自然な被リンクを沢山持っている ⇒ 悪いサイト

ここまではSEOに対しての考え方として良くあるお話ですが、気になるのが後者2.のネガティブな評価。

これ、悪意を持ってライバル企業のサイトに行ったら、どうなるでしょうか・・・?
逆に考えると自社サイトもやられる可能性があるとは思いませんか??

品質の悪いサイトを作り、リンクを張るだけで、意図的にターゲットのサイトの評価を下げることが出来てしまいます。怖いですね。そこで、次項から自社がこういったネガティブSEOの被害を受けていないかチェックする方法と、もし発覚した場合の対処方法を実際の事例を元にご紹介します。

悪意のあるリンクを張られていないかを確認する方法

まずは自社のWebサイトにリンクを張っている外部のWebサイトを調べます。方法はいくつか存在しますが以下の2つが代表的かと思います。

どちらのツールも完全に被リンクを網羅しているものではなく、代表的なものをピックアップした一覧を取得できるような仕様です。参照元サイトの情報がより詳しく確認できるOpen Site Explorerを使った方法がおすすめです。

ネガティブ被リンク発見した場合の対処方法

悪意のある被リンクが存在することが確定的であった場合、とにかくGoogleに意図的でないことを知らせなければいけません。Google ウェブマスター ツールから以下の方法で申請を行います。

  1. リンクの否認ツールで関連の無いリンクだということを申請する。
  2. 手動ペナルティ(ウェブマスター ツールに警告が来ている)の場合、再審査リクエストを依頼する。特に警告が来ておらず検索順位が下がっている(アルゴリズムによる自動ペナルティ)場合はひたすら祈る。

一時的にペナルティを与えられても、こちら側が悪意を持ったスパム行為を恒久的に行っているようなWebサイトで無い限り、ペナルティから復旧する可能性は高いですが、それがいつ回復するのか、完全に回復するのか、は予測が困難です。ネガティブSEO対策はガンの治療と一緒で定期的な診断と予防、早期の対応が求められます。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − three =