EC-CUBE3 アップロード画像の画質をアップする方法(自動画像リサイズで画質を高くする)

ec-cube

EC-CUBE3で大きい画像をアップロードした際、自動でリサイズしてくれますが、いかんせん画像が粗いです。
これは画像アップロード時にシステム側で自動的に「リサイズ」されるためです。
そのリサイズの設定が低い為に、手元の画質より粗くなるという訳です。デフォルトでは画像をアップロードした時点で強制的に「75%」の品質になってしまい、画像の品質が劣化するという流れです。ECサイトで画像が粗いなんて致命的ですので改善せねばなりません。

下記のファイルを修正にて、リサイズ値をアップして画質を高くすることにします。

EC-CUBEでは画像リサイズの際に『 gdthumb 』を使用しているので、以下のファイルの該当箇所を修正します。

/data/module/gdthumb.phpの220行目辺り

imageJpeg($dst_im, $dst_file);

これを

imageJpeg($dst_im, $dst_file, 90);

に修正します。

つまり、JPGの 品質を「75%(規定値)」から「90%」に変更することができます。もちろん90%以上にすればその分画像の劣化も少ないですが、画像サイズが極端に大きくなりますので、ユーザーの使用環境によっては画像の表示が遅くなったり、サーバーのディスクの圧迫に繋がりますので注意が必要です。
ECショップでは「画像が命」ですから粗い画像ではなく、可能な限り「綺麗な画像」を目指しましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =