ColdFusion 10 のコードサイニング証明書の書き換えアップデート

cf

アドビでコードサイニング証明書の書き換えに関するアナウンス。
http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/certificate-updates.html

cf10から追加された更新機能でダウンロードするパッチファイルの証明書を確認する時に使われている。
このパッチを当てないと

・既に アップデータ2が当たってる場合は、今後のアップデータでエラーが発生。
・まだアップデータが当たってない場合は、最初に入れるアップデータでエラーが発生。

対処方法は、リンク先の手順に従って、手動でパッチを当てる。このパッチは自動で入れることはできない。

http://helpx.adobe.com/coldfusion/kb/coldfusion-10-mandatory-update.html

このページに沿ってパッチを適用。ビルド番号が更新されないが、上記エラーが表示されなくなれば適用完了。
以降のパッチはビルド番号が更新されるので、善しとする。

H3見出しb

・ダウンロードしたパッチ(cf10_mdt_updt.jar)をc:\ColdFusion10\cfusion\hf-updates フォルダに置く
※Updater1 や 2 を当てていない場合は、 hf-updates フォルダは存在しないので手動にて作成する事。

・コマンドプロンプトを管理者権限で開く
・パッチファイルを置いた場所に移動
cd c:\ColdFusion10\cfusion\hf-updates
・マニュアルに書いてあるとおり、javaコマンドで実行する
c:\ColdFusion10\jre\bin\java -jar cf10_mdt_updt.jar
・後は手順通りに進める
・インストールが終わったら ColdFusion Administratorでビルド番号が更新されている事を確認。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + seven =